ようこそDVDコピードットへ

DVDメディアの種類

DVDとはDigital Versatile Disk の略です。
データ記憶媒体の一種であり、CDと同じく光ディスクメディアです。直径12cmのディスクにCDのおよそ7倍から12倍程のデジタルデータを記録可能とした光ディスクの規格のことを言います。

DVD-ROM DVD-R DVD+R
読み出し専用のDVD
書き込みは出来ない
記憶容量
片面1層記録4.7GB
片面2層記録8.5GB
両面各1層記録9.4GB
片面1層ディスク
記憶容量 4.7GB
記録回数1回のみ
これがあれば大丈夫
片面1層ディスク
記憶容量 4.7GB
記録回数1回のみ
マルチセッションでの書き込みがサポートされている。
DVD-RW/DVD+RW DVD-R DL/DVD+R DL DVD-RAM
片面1層ディスク
記憶容量 4.7GB
記録回数1000回
書き換えが可能
片面2層ディスク
記憶容量 8.5GB
記録回数1回
2層書き込み対応ドライブが必要
片面1層ディスク
記憶容量 4.7GB
記録回数10万回以上
おもにデータ記録用対応ドライブが必要

DVD-R(-RW)とDVD+R(+RW)の違いは?

DVD-RとDVD+R、DVD-RWとDVD+RWは、ほとんど同じ機能を持っており、DVD-RとDVD+Rは全体の容量がいっぱいになるまで書き込み、追記ができます。
DVD-RWとDVD+RWはデータの記録や消去、書き換えができるといったように、それぞれ同じように使用することができます。
ただし、「+」系ディスクと「−」系ディスクの互換性はありませんので、それぞれ対応したハードでのみ記録再生が行なえます。

check

歌 レッスン 新宿
和歌山でダイビングするなら
ロボット王国

 

(c)DVDコピードットAllright Reserved.